聴く者を癒し惹付ける〈1/fの揺らぎ〉のシルキー・ヴォイスで、心に沁みるメッセージを歌い上げるシンガー・ソングライター、Ms.OOJAさん。デビュー以来、特に20代、30代の女性を中心に、熱い支持と共感を集めています。2011年2月。ユニバーサルシグマより、ファースト・シングル「It’s OK」でデビューしました。当時28歳。歌い始めて10年目。キャリアを充分積んでの、遅咲きのメジャーデビューでした。「中学生の頃からカラオケばかり行っていましたね。そこで友達に『歌うまいね』と言われ、歌うことを求められるようになって、あれっ、こんな自分にも取り柄があったんだって」。その頃から漠然と「歌手になりたい」という気持ちを持ち続けていたMs.OOJAさん。それが「この道しかない」というゆずれない夢に変わったのは高校3年の頃。地元で開催されたダンスイベントで初めて舞台に上がり、観客の前で歌うという経験をします。「すごく楽しくて、気持ちよくて、『生きている』ということを実感するような体験だった」と言います。当時、親に宛てて書いた「決意宣言」ともとれる手紙を、ご両親が今も大切に残しているということを最近知りました。 「私は歌手として生きていきます。すごく心配してると思うけど大丈夫。みたいな内容で、自立する意志の堅さを、親に伝えたかったんでしょうね」。高校卒業後、歌手デビューを目指し、三重、名古屋でアパレル販売員などをしながら、週末はクラブでライブステージに立つという生活を長く続けます。

 

20150712-_MG_6506

 

「今振り返ると、ずっと自分に甘かったんです。歌い続けていれば、誰かがなんとかしてくれるだろうって、シンデレラストーリーを夢見てました。でもあるとき気づいたんです。人生には、そうそうラッキーパンチはないんですよね。自分の手で掴みに行かなければ、何も変わらない」。今居る場所でできる最大限のことをやりきろう。ちゃんと自信の持てるものをお客さんに届けよう。そんなプロ意識に改めて目覚めた頃、クラブでのライブを観に来たユニバーサルミュージックのスカウトから声をかけられます。Ms.OOJAさんにとってそれはタイミングとして納得がいくし、幸運だったと言います「もし、なにも気づいていない頃に声を掛けられていたら、シンデレラストーリを信じて、努力しない自分のままで、きっと今の場所には立てていなかったと思います」。デビューから1年後の2012年、5枚目のシングル曲「Be…」がドラマの主題歌に抜擢され、配信合計100万ダウンロードを越える大ヒットを記録します。「苦しんで何度も何度も書き直して、最後に胸を張って送り出した歌が多くの方に受け入れられた。そのことは大きな自信と気づきをくれました」。悩んだり、もがいたり、それでも壁を乗り越えてきた自身のストーリーから紡がれるメッセージが、聴く者を勇気づけます。「子どもの頃は、大人って強いものだと思っていたけれど、自分が30歳を越えてみると、実は悩みやトラウマを抱えていたりしていて、とっても脆いものだと気づいたんです。だからもっと同世代の大人たちを自分の歌で元気にしたいなと思いながら歌い続けています」。

 

20150712-_MG_6657

 

ここを「ホーム」という感覚にしてくれた 北海道の人たちに感謝しています。

 

ー6月に発売されたミニ・アルバム「翼」のタイトル曲は、映画「天の茶助」の主題歌でした。映画を拝見しましたが、これまでMs.OOJAさんが歌われてきたメッセージとのリンクを感じますね。
そうなんです。今回SABU監督がこの映画で表現したかった世界と、私が発信してきたメッセージとがとても近くて、運命的なものを感じましたね。

 

ー「翼」でテーマにしたことは?
歌を作るにあたって映画を観て感じたのは、守りたい誰かがいるって、とても大事なことであり、幸せなことだなということ。守りたい人に出会うことは、生きる強さに繋がると。それを「翼」という曲で表現しました。曲調は、今までに無いロックバラードで、ライブで歌っていても気持ちいいですね。新しいMs.OOJAを引き出してくれた曲だと思っています。

 

ー続く「シナリオ」という曲もこの映画をイメージさせます。
「翼」と地続きの歌ですね。物事がうまく行くも、行かないも自分次第。そこに必要なのは『覚悟』なんだということを伝えたかったんです。自分が強く思えば運命すら変えられると。今年の私のメッセージテーマは「生きる強さ」としているので、このアルバム全体を通して、様々な場面の「強さ」を軸に伝えたかったんです。

 

ー3曲目の「NEW DAY」はとても爽やかで前向きな曲ですが、札幌で生まれた曲だとか。
そうなんです。昨年の夏、芸術の森スタジオで製作合宿をしていて、空が澄み渡って緑に囲まれて、とても爽快な環境だったので、この気持ちを曲にしたいという発想からできたんです。

 

ー今回「初回版」に、初めてのライブ映像が付いていますね。
昨年、「COLOR」というツアーが終わったあと、ファンの方からDVD化してほしいという声をたくさん頂いて、せっかく作るならと、こだわって、初回版特典としては異例の12曲入りで作ってもらったんです。おかげ様で、これまでMs.OOJAのライブを観たことがなかった方にも、とても喜んでもらえています。

 

ーオリジナルアルバムの他にカバーアルバムもコンスタントにリリースしていますね。4枚目の新作も控えています。
8月19日、「THE HITS ~NO.1SONG COVERS~」をリリースします。文字通り80年代、90年代のチャート1位を獲得した楽曲をセレクトしました。今回はアレンジもオリジナルの雰囲気を活かし、懐かしさの中にも新しさを感じていただけるアルバムになったと思っています。カバーは、その曲が持っているパワーに自分の力が引き出される部分も大きいし、歌っている私も勉強になるので、毎回楽しみなんです。

 

ー最後に北海道のファンにメッセージを。
北海道でラジオ番組を持ったのをきっかけに、通い始めて4年になるんですが、来るたびにホームに帰って来たという感覚で、それはやはり北海道の「人」が、優しく迎え入れてくれるからなんですね。その意味で本当に感謝の気持ちでいっぱいです。12月に全国5カ所のライブツアーを行うんですけど、ファイナルは12月25日札幌ですので、たくさんの方に来ていただけるとうれしいです。
〈2015年7月12日インタビュー〉

 

JK_Big
「THE HITS ~NO.1 SONG COVERS~」 2015/8/19発売 UMCK-1517 ¥3,240(税込)

6108cv-JApL._SL1034_

「翼」【初回限定盤】 CD(全5曲)/DVD(全12曲) UMCK-9746 3,980円(税込) 「翼」【通常盤】 CD(全5曲) UMCK-1511 2,000円(税込)
Ms.OOJA(みすおおじゃ)さん/1982年10月28日生まれ、三重県四日市市出身の女性シンガーソングライター。17歳の頃より地元の三重県を中心に音楽活動を行い、卓越した歌唱力とパワフルなライブパフォーマンスで注目を集める。2011年2月、シングル「It’s OK」でメジャーデビュー。12年、TBS系ドラマ「恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方〜」の主題歌に5thシングル「Be…」が大抜擢、配信合計100万DLを越える大ヒットを記録。2015年6月17日ミニアルバム「翼」リリース。2015年8月19日「THE HITS ~Ms.OOJA SINGS No.1 SONGS~」リリース。 82.5FM NORTH WAVEにて「Ms.OOJA SATURDAY PANTHER」/毎週土曜日17:00~18:00 ON AIR中!

 

Ms.OOJAさん

URL http://msooja.net

※各種情報は記事掲載当時のものです。現在は変更となっている場合がございます、予めご了承ください。

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ