昨年2015年9月にオープンしたばかりのルトロワの3階に、移転オープンした「Hajouter belle perchée(アジュテベルペルシェ)」。今回、店長の工藤彩さんがお店の中を紹介してくれました。
女性のライフスタイルに寄り添ったものを取り揃えているという、こちらのショップは、「様々なアイテムやブランドを取り扱っているので、何のお店なのか質問されることもあります」という話の通り、店内には食器・食品・コスメ・植物・アクセサリー・ランジェリー・洋服…などなど、気になるアイテムたちが並びます。

 

IMG_2072

 

まず入口近くには、見た目にも可愛らしい「雑貨・コスメゾーン」。オーガニックで身体に良いお茶は、常時取り扱いのある人気商品だそう。鎌倉で作られている『HONEY&HERB(ハニーアンドハーブ)』のお茶は、「Hajouter belle perchée」だけの限定フレーバーも(写真左の2種類)。「『SAUTEDI(ソテディ)』のMOMという種類のお茶も、妊活やPMSなどにオススメです」。

 

IMG_2029

IMG_2187

 

サンルームをイメージした一角に集められたコスメグッズは、必ずしもオーガニックと限定せずに、身体に良くて効果が高いものが選び抜かれています。
一緒にレイアウトされている植物たちも、実は売り物(一部除く)。札幌のフラワーアーティストお二人がやっている『boutanical garden NUE(ボタニカルガーデンヌエ)』のもので、なんと土まで札幌の気候に合うようブレンドされているんだとか。

 

IMG_2183

 

店内を奥に進んで、入り口からは見えない場所にあるのが「ランジェリーゾーン」。少しだけ奥まった空間になっているのは、「パーソナルなものなので、落ち着いて選んでいただけるように」という嬉しい配慮から。

 

IMG_2079

 

国内ブランドには珍しい、スモーキーでグレイッシュなカラーが魅力の『L’ANGELIQUE(ランジェリーク)』を中心に、インポートブランドまで、色とりどりのランジェリーが集められた一面に、女性ならきっとテンションが上がること間違いナシ。デザインだけでなく、展示会で全て試着をしているそうで、フィッティングの良いもののみが取り扱われています。
自分用にもギフト用にも人気の高い『hanky panky(ハンキーパンキー)』のタンガは、バリエーション豊富なカラーはもちろん、「タンガが苦手な人にもぜひ試して欲しい」というフィッティングの良さが自慢。

 

IMG_2156

IMG_2175

 

最後に、お店の1番奥にある「ファッションゾーン」では、シンプルな大人のデイリーカジュアルなアイテムをラインナップ。「カジュアルと言っても、オンスタイルにも使い易いものが多いですよ」。
イタリアのブランド『gicipi(ジチピ)』のカットソーは、1枚¥3,500(+tax)~とお手頃価格でリピーターも多い、人気アイテムの一つ。

 

IMG_2081IMG_2108

 

「その日その時の気分に寄り添うものを、何か必ず見つけてもらえます」と工藤さん。
自分用にはもちろんのこと、お誕生日プレゼントや出産祝い、送別の贈り物など、多くのシーンで利用したい、そんなショップでした。

 

IMG_2148

 


今回ご紹介したアイテム:お茶(HONEY&HERB)¥2,000/お茶(SAUTEDI)¥2,500/ブラジャー(L’ANGELIQUE)¥9,000~/ショーツ(L’ANGELIQUE)¥4,000~/タンガ(hanky panky)¥3,000~/カットソー(gicipi)¥3,500~

 

 

Hajouter belle perchée(アジュテベルペルシェ)

所在地 札幌市中央区大通西1丁目 Le trois 3F
TEL 011-218-6356
営業時間 10:00~21:00
URL http://en-inc.jp/hajouterbp/

※各種情報は記事掲載当時のものです。現在は変更となっている場合がございます、予めご了承ください。

札幌市中央区大通西1丁目 Le trois 3F

地図の詳細をみる

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ