真駒内公園の南側に接する丘陵の住宅地、柏丘。芸術の森方面へと繋がる真駒内通から外れて小道へ入ると、視界の先には急な坂道が伸びています。その坂の途上で、周囲の緑と溶け込むように「Green Art 百々屋」はありました。
約200坪の敷地には住居兼店舗と、広々としたレンガ敷きの庭があり、大小さまざまな樹木が枝を広げています。ゆるくエリア分けするように様々な花や庭木の苗が陳列されているのを見て、あらためてここが「フラワーショップ」だということに気づかされます。

 

20150901-_MG_8290

 

春先の一番草花が賑わう時期には、あまり普通の花屋さんでは見かけない品種を中心に200から300種の商品が店頭に並ぶと言います。
「どこまでが商品なのか、売っている側も一瞬わからなくなるんですよ」と笑うのは、代表、椿豊さんの奥様、美恵子さん。美恵子さんが小さなフラワーショップ「百々屋」を開いたのは1990年のこと。その後、当時生花市場の卸業をやっていた豊さんと出会い、結婚。ガーデニングの仕事に魅力を感じ独立を考えていた豊さんと共に、切り花、観葉植物、花苗、果樹などをオールラウンドに取り揃えるフラワーショップとして同店を育ててきました。

 

20150915-_MG_9453

 

2007年、澄川から移転オープン。店内の柱やテラス、バーコラなど、いたるところで、経年による「味わい」が漂い、敷地全体にナチュラル・アンティークな風情を感じます。
「温暖化で気候もかわってきましたから、昔は札幌で育てられなかった花が育つようになったりしていますよ」と豊さん。今でこそ、市場を通して海外種の花がたくさん流通していますが、豊さんは早くから珍しい種を個人輸入して育て、花の性質を理解した上で、札幌で楽しめる植物を店頭に並べてきました。
海外にも足を運び、多種多様な植物を見てきた豊さん。アマゾンの密林に分け入ったこともあるとか。「人間は食物連鎖の外にいるつもりで生きていますが、森に入ると千年単位で生きている植物もある。それを見ると、実は人間もちっぽけで、植物と同じ連鎖の中にあるんだということに気づかされますね」。

 

20150901-_MG_8301

 

北海道の人は、雪が融けた春先にパワーを集中させて庭造りをしますが、「一年を通じてもっと花を楽しんでほしい」と豊さんは提案します。梅雨もなく温暖な気候の北海道は、植物にとっては良い環境。何度か植え替えを試みると、庭はそのつど新鮮な表情に変わります。また、同店では月に一度のペースで、寄せ植えやハンギングなどのワークショップの場を設けて、お客様とのコミュニケーションを深めながら植物の楽しみ方を広めています。最近人気なのが「多肉植物」の寄せ植え。店内には4、50種ほど取り揃えて、その楽しみ方も教えています。

 

20150901-_MG_8295

 

ここは、通りすがかりに偶然見つける場所ではありませんが、品揃えのセンス、商品に対する豊富な知識、そして店の持つ雰囲気の良さが口コミで広がり、遠方からも訪れるお客さんが多いお店です。最近は、以前から要望の多かった、庭全体の設計計画にも応えるガーデンプランニングにも積極的に取り組んでいます。あなたもお気に入りの緑、理想の庭づくりを求めて「百々屋」を訪ねてみませんか?

 

20150915-_MG_9394

20150915-_MG_9451

 

 

Green Art 百々屋

所在地 札幌市南区真駒内柏丘8丁目3-10
TEL 011-581-8577
営業時間 10:00〜18:00
定休日 日曜日・月曜日
駐車場 2台
URL http://greenart-momoya.jimdo.com

※各種情報は記事掲載当時のものです。現在は変更となっている場合がございます、予めご了承ください。

札幌市南区真駒内柏丘8丁目3-10

地図の詳細をみる

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ