サッカーの楽しさを子供たちに知ってもらうためにと開校した、コンサドーレ札幌が運営するジュニアサッカースクール。現在4歳児から中学生まで、十のカテゴリーに分けて指導しています。コンサドーレ札幌の元選手で、現在TV、ラジオでも活躍中の大森健作さんもコーチの一人。心がけているのは「教えすぎない、与えすぎない」というスタンス。特に今の子供は、自分で考えて答えを出すという場面が少ないと大森さんは感じています。「その子の内側から答えを引き出してあげたいんです」。
ミニゲームで負けて、悔し涙を流した子がいました。大森さんはみんなの前でその子を褒めます。「手を抜かず、100%出し切っているから悔しいんだ。だからこの次はもっとうまくなっている」と。

_MG_6710

_MG_6787

_MG_6810
現役時代、6つのチームでプレーした大森さんですが、2000年から約4年間在籍したコンサドーレ札幌は、ひとつの転機だったといいます。
「サッカーの楽しさを改めて教えてくれたのが札幌でした」だから現役を引退したあと、北海道に戻ってきたいという思いが一番強かったそうです。地元のチームを愛し応援する人がいて、それを感じ受けとめてくれた選手が、今度は地域のために力を尽くしてくれている。そんな絆のつながりを感じます。
「今、子供たちに教えることが楽しくてしかたがない」と言います。声の小さかった子が、元気に挨拶できるようになり、プレー中も仲間に対して自分の要求をするようになる。そんな変化や成長が大森さんにとって大きな喜び。コンサドーレ札幌ジュニアサッカースクールの特長は技術の前に人間教育。チームワーク、マナー、諦めない心を、サッカーを通して伝えます。
「今の子供たちが将来を担っているんですから、こちらも手を抜かず、日々真剣勝負です」

_MG_6788

_MG_6805

_MG_7337

コンサドーレ札幌 ジュニアサッカースクール

所在地 札幌市白石区栄通14丁目2-30
TEL 011-858-5310 (株)北海道フットボールクラブ 広報事業部

※各種情報は記事掲載当時のものです。現在は変更となっている場合がございます、予めご了承ください。

札幌市白石区栄通14丁目2-30

地図の詳細をみる

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ