高校生の頃にブレイクダンスを始め、29歳までダンスや舞踏など身体表現のフィールドで活動。現在は舞台演出や振付などを手掛けながら、美術家として、身体表現で培ってきた哲学を基礎に「123」(イチ・ニ・サン)という数字を使い、平面や造形作品を制作するアーティスト・齊藤智仁の個展を、4月2日より札幌のクラークギャラリー+SHIFTにて開催します。

123_image_main

昨年12月3日から全123点の作品を展示したことで話題となった「123」展《第一章》に続き、「123」展《第二章》となる本展では、1枚の紙に1~2mmの「123」を100万字以上描きながら様々なカタチを描いた平面作品や、日記のように毎日描き続けている「123」を並べた「123 log」、身近なモノに「123」を描いた造形作品「123 MONO」や、「123」のリズムで紐を縛った「123 string」 など、描いた本人も数えきれないほどの「123」を展示。会期中には公開制作なども行われる予定です。

123_image01

身体表現から生まれた新たな表現方法で、世界で今一番「123」という数字と向き合う男。様々な時に、様々な音楽を聴き、様々なキモチで描かれた「123」の連続は、見る人や展示空間へ様々なリズムを与えてくれます。

123_profile

<齊藤智仁 / Tomohito Saito>
1984年、釧路市生まれ。高校生よりHIP HOPカルチャーに傾倒する。その後、コンテンポラリーダンスや舞踏のキャリアを経て、身体を基礎とした 表現を構築していく。現在は、身体表現で培ってきたものを基礎に「123」という数字を使い平面 や造形、また詩などの作品を制作し、舞台作品の演出をするなど様々なフィールドで活動を続けている。

齊藤智仁「123」展 《第2章》123を描き続ける男
会期:2016年4月2日(土)~30日(土)
会場:クラークギャラリー+SHIFT
住所:札幌市中央区南3条東2丁目6 MUSEUM 2階
時間:11:00~19:00(月曜日・第三火曜日休廊)
TEL:011-596-7752
http://www.clarkgallery.co.jp

クラークギャラリー+SHIFT

所在地 札幌市中央区南3条東2丁目6 MUSEUM 2階
TEL 011-596-7752
営業時間 11:00〜19:00
定休日 月曜日・第三火曜日
URL http://www.clarkgallery.co.jp/

Tags

※各種情報は記事掲載当時のものです。現在は変更となっている場合がございます、予めご了承ください。

札幌市中央区南3条東2丁目6 MUSEUM 2階

地図の詳細をみる

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ