6月12日(日)、幅広くクリエイターを目指す若者が学ぶ
「札幌スクール・オブ・ミュージック&ダンス専門学校」にて
映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』の宮藤官九郎監督を招いて
公開インタビューが行われた。

20160612-_MG_5765

会場には放送、マスコミ業界に興味を持つ高校生約100名が全道各地から参加。
宮藤監督は映画の撮影エピソードを明かし、参加者からの質問にも応じた。

映画に関わる裏方スタッフへの想いを聞かれると
「本当に頭が上がりません。助監督の睡眠は2時間の時も。
ただ監督の描こうとしているものを実現するのがスタッフの喜び。それはとても嬉しい。
だからこそ、大事なスタッフとの間では常に妥協のない作品を作っている」。

また、「どんなスタッフとまた一緒に仕事をしたいのか?」 との質問には
「制作意図を汲んでくれた上で、更にプラスアルファの仕事をしてくれ
自分をびっくりさせてくれるスタッフ。
スクリーンには映らない細部にまでこだわることで
演じる役者は更にやる気になり、結果良い演技に繋がる。
多くのスタッフは、映画館の大スクリーンで自分の仕事が映る喜びと
大きなプレッシャーを常に感じながら働いている。
それだけに気が抜けないし、やりがいを感じる。
映画制作は数ヶ月という短期間。終わったら解散してしまうからこそ
スタッフとの「濃い繋がり」ができ「信頼関係」が生まれる。
それが映画特有の「(監督名)組」と呼ばれる理由」と語った。

20160612-_MG_5755

これから制作の現場で働きたいという参加者には、
「最初から仕事ができる人はいない。
場数を踏むことで 今何が必要かがわかってくる。
できないことに引け目に感じるのはもったいない。
仲間(組)の一員として若手が積極的に仕事に参加し欲しい」と
熱い言葉をかけた。

20160612-_MG_5792

20160612-_MG_5774

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』
2016年6月25日(土)札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌ほか全国ロードショー
配給:東宝、アスミック・エース
公式サイト: http://tooyoungtodie.jp

「札幌スクール・オブ・ミュージック&ダンス専門学校」 http://www.ssm.ac.jp/

 

TEXT・PHOTO / 田村 茂雄

Tags

※各種情報は記事掲載当時のものです。現在は変更となっている場合がございます、予めご了承ください。

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ