文房具屋のペン売り場にあるメモ用紙の「試し書きの線」を素材として集め、模写・転写して組み合わせることで「都市の風景」を描き出す女性アーティスト、オコイマツの個展、及び札幌では初となる来場者参加型のインスタレーション展示を、クラークギャラリー+SHIFTにて、6月2日から29日まで開催します。

 

 

試し書きのメモを素材とするシリーズには、1枚ごとに都市を限定し、ロンドンで収集した試し書きはロンドンの風景に、東京、札幌で集めた線は、それぞれ東京、札幌の風景に見えてくるようなイメージで大量の線を画面に構成する作品と、収集した試し書きメモの1枚を拡大模写する作品があります。どちらも、試し書きの中に見えてくる、線と線の衝突や回避、誰に見せるためでもない自由で気ままな線、染みやかすれ、時には俳句のような落書きまで、色々な様相を見つめ、魅力を引き出すように作品化されています。

本展では、シリーズの油彩画とドローイングを新旧織り交ぜて展示する他、ペン売り場を模した、来場者が試し書きできるテーブルを設置し、集ったメモを壁面に貼りながら構成していく来場者参加型のインスタレーション作品も制作。線が集まって風景やナニカに見えてくる予感、作品化の過程を楽しむことができます。

 

【プロフィール】
Okoimatsu(オコイマツ)
長野県生まれ、東京育ち、札幌在住。多摩美術大学大学院卒業後、ロンドンの美術大学チェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインに留学。MA修了後ロンドンで数年間活動し帰国。現在は札幌を拠点に活動中。 日々の街角を構成する、なにげないもののさりげない変化、どうでもよいものの大きな変化。日常の隣りで常に変化するささやかな事柄をモチーフに制作。建設と取り壊し、採掘と植林、人が行き交う場所の混雑と閑散…都市を形作る力学の痕跡をグローバルに探求している。

 

Okoimatsu個展 「きのう誰かが見たあとで」
会期:2017年6月2日(金)~29日(木)
時間:11:00~19:00
休廊:月・火曜日
会場:クラークギャラリー+SHIFT
住所:札幌市中央区南3条東2丁目6 MUSEUM 2階
TEL:011-596-7752
http://www.clarkgallery.co.jp

 

クラークギャラリー+SHIFT

所在地 札幌市中央区南3条東2丁目6 MUSEUM 2階
TEL 011-596-7752
営業時間 11:00~19:00
定休日 月曜日・第三火曜日
URL http://www.clarkgallery.co.jp

Tags

※各種情報は記事掲載当時のものです。現在は変更となっている場合がございます、予めご了承ください。

札幌市中央区南3条東2丁目6 MUSEUM 2階

地図の詳細をみる

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ