マンドリン&ギターデュオ『Petit Chesta(プチ ケスタ)』コンサート

 

広島を中心に日本各地、世界各国で活動している、マンドリニストの佐古季暢子とギタリストの上垣内寿光のデュオコンサートを札幌市内3箇所で開催します。
マンドリンの繊細な美しい音色を、ぜひ聴きに来て下さい。

 

 

日時6月3日(土)開場13:00 開演13:30
場所バリアフリー音楽喫茶YukimiyaCafe
札幌市北区太平7条5丁目3-2
料金:2,500円(コーヒー・お菓子付き)
定員:20名
予約・問合せ:バリアフリー音楽喫茶YukimiyaCafe
090-3893-5546(千葉)

 

「道産ワインと楽しむマンドリン・ギターの夕べ」
日時6月3日(土)開場18:30 開演19:00
場所道産ワイン応援団 winecaf? veraison(ヴェレゾン)
札幌市中央区南2条東2丁目8-1 大都ビルB1
料金:3,000円(ワンドリンク・おつまみ付き)
定員:20名
予約・問合せ:堀マンドリン音楽工房 090-7651-4391(堀)
道産ワイン応援団 winecaf? veraison(ヴェレゾン)011-231-7901

 

日時6月4日(日)開場14:30 開演15:00
場所渡辺淳一文学館 地下講堂
札幌市中央区南12条西6丁目
料金:前売3,000円 学生前売2,000円(当日は500円増し)
定員:80名
チケット取扱・問合せ:堀マンドリン音楽工房 090-7651-4391(堀)
渡辺淳一文学館 011-551-1282

 

佐古季暢子(さこ きょうこ) プロフィール
広島生まれ。
2003年エリザベト音楽大学マンドリン専攻第1期生として入学。2009年同大学院修了、渡独。 2011年度中村音楽奨学生に選出される。2013年Hochschule für Musik und Tanz Köln, standort Wuppertal 修士課程マンドリン・ソロ科修了。
これまで多くの演奏会・コンクールにて受賞。2012年にはマンドリンオリジナル作品のみの独奏コンサートを開催。2014年11月には日本初演を含めたマンドリンオリジナル作品のみ、文学をテーマにした帰国リサイタルを開催(クラシックギター上垣内寿光)。2016年には世界的なギタリストである佐藤紀雄氏と、マンドリンの新たな可能性を探る『新響地』と題した公演を行った。国内唯一のマンドリンの専門誌『奏でる!マンドリン』にて世界の新曲紹介記事を担当しており、演奏会なども含め特に国内での新曲紹介に努めている。
2009年師、川口氏とのマンドリン二重奏CD「旅立ちの歌」をリリース。
アンサンブル・ノマドなど現代音楽のアンサンブルにも意欲的に参加し、日本をはじめドイツ、フランス、韓国など各国で演奏活動を行っている。
また、後進の指導にもあたっており、多数の子供のためのワークショップに講師として参加、ヒルデン市立音楽学校のマンドリン科講師を勤め、2013年4月よりエリザベト音楽大学マンドリン科非常勤講師に就任。
広島アンサンブル・チアロ技術顧問、広島女学院中学高校マンドリン部コーチ、トリオ・フルール(Mn.+Cl.+Mrmb.)・La Banda de gran Rio主宰、トリオ・ツプケスタのメンバー。
これまで松重正清、新井義悠、川口雅行、Caterina Lichtenberg教授、Annika Hinsche、Jeannette Mozos del Campo、Silke Liskoの各氏に師事。

 

上垣内 寿光 (かみがいち としみつ)プロフィール
エリザベト音楽大学を卒業及び大学院修了。その後、広島中村奨学金を得て渡独。ドイツ国立カールスルーエ音楽大学卒業、ディプロマ取得。ドイツ国立ワイマール・リスト音楽院、Aufbaustudium 課程修了。名古屋ギターコンクール優勝、大阪ギター音楽大賞最優秀賞、九州ギターコンクール第2位(1位なし)、山陰ギターコンクール第2位(1位なし)、日本ギターコンクール第3位、2004年度イタリア・ガルニャーノ国際ギターコンクールファイナリスト、2007年度第22回イタリア・ロベレドーロ国際音楽コンクールギター部門第2位(1位なし)など数々のコンクールに入賞。第149回日本演奏連盟新人演奏会にて広島交響楽団と共演。
ギターを徳武正和、佐藤紀雄、松永一文、アンドレアス・フォン・ヴァンゲンハイム、モニカ・ロスト各氏に師事。2008年日本に帰国。現在エリザベト音楽大学非常勤講師。ライフワンミュージック講師。
アンサンブル・チアロ常任指揮者。

 

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ