クロスホテル札幌とクラークギャラリー+SHIFTのコラボレーションで展示を行う「まちなかアート・クロス・エディション」の第25弾として、札幌を拠点とする現代の絵師、藤谷康晴が、写楽の「大首絵」へのオマージュとして描いた新作を中心とする個展を、クロスホテル札幌の2階フロアにて2017年7月5日から9月30日まで開催します。

 

デジタル・テクノロジ-が進化を遂げ、現実空間に混在していく近未来では、「虚構との対峙」が現代人の新たな課題となってきます。しかし、日本人は古来より、実体以外の物の存在を認識する精神文化を持ち、浮世絵や漫画など、平面的でダイナミックな視覚表現を生み出してきました。藤谷は「虚構を幻視」する事を現代の絵師のあり方として、2007年頃から日本古来の八百万(やおよろず)の神々の思想をもとに、目に見えない存在・生き物・神々や魔物達をドローイングする活動を行い、国内外で発表してきました。

新作シリーズ「ドローイング一族・現代の歌舞伎者たち」は、藤谷が写楽の大首絵から、様式美に陥った他の絵師による役者絵にはない「存在のリアリティ」を感じ、そして同作が、既定の概念(役者絵で、実在の人物で、当時の風俗の記録である)の中だけで認識されがちな現状をアップデートする為、写楽の大首絵にドローイングで過剰な虚構性を増幅し、新たな人物群として現代に再登場させる事で「存在のリアリティ」を抽出。本展では、新作シリーズと合わせて、藤谷によるこれまでの画業の一部も紹介します。

 

 

【プロフィール】
藤谷康晴(YASUHARU FUJIYA/ドローイングマン)
1981年生。札幌を拠点に活動中。日本古来の八百万の神々の思想をもとに、目に見えない存在・生き物・神々や魔物達をドローイングする。それは、神々や魔物との対話・戯れの痕跡を残すような、今という時空のリアリティを現出する行為である。吐き出される線は彼らを引き寄せる一本のロープとなる。これまでに札幌、帯広、京都、大阪、シカゴ、サンフランシスコで作品を展示。ドローイングパフォーマンスも多数行っている。

 

MACHINAKA ART-X_edition vol.25
藤谷康晴 個展 「ドローイング一族・現代の歌舞伎者たち」

会期:2017年7月5日(水)〜9月30日(土)
会場:クロスホテル札幌 2階ロビー・ミートラウンジ
住所:札幌市中央区北2西2
ミートラウンジ営業時間:10:00〜24:00(貸切の場合がございます)
主催:クロスホテル札幌(企画課 011-272-0051)
キュレーション:クラークギャラリー+SHIFT
協力:まちなかアート

 

クロスホテル札幌 2階ロビー・ミートラウンジ

所在地 札幌市中央区北2西2
TEL クロスホテル札幌(企画課 011-272-0051)
営業時間 10:00〜24:00

Tags

※各種情報は記事掲載当時のものです。現在は変更となっている場合がございます、予めご了承ください。

札幌市中央区北2西2

地図の詳細をみる

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ

「この街で暮らしたい」を、叶えます。 RCスタイル札幌 オフィシャルサイトへ